Monthly apartment

Pick Up Article

マンスリーマンションの由来と歴史

私は34歳、独身の男性です。私目線でマンスリーマンションのメリットとデメリットをお伝えいたします。本日もよろしくお願いいたします。最初にとても重要なことをお話します。もしかしたらショックになるかもしれませんがお許しください。そ…

もっと読む

マンスリーマンションに住んだ方が安上がりです

4人家族

一般的な賃貸マンションよりも、マンスリーマンションの方が割高だと感じている方も多いかと思います。確かに月々の賃料を比べると、賃貸マンションよりもマンスリーマンションの方が高いでしょう。しかし、実際のコストを比べるとマンスリーマンションの方が安上がりにある場合もあるのです。
例えば、初めての一人暮らしや単身赴任で転居する場合です。まず、多くの賃貸マンションを借りる際に必要となるのが、契約金や敷金です。昔よりも安くなったとはいえ、今でもそれぞれ1ヶ月分程度は支払う必要があるのではないでしょうか。マンスリーマンションの場合はこれらが不要です。
また、家族から離れて一人暮らしをする場合、最低限必要な物があります。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家電を中心に高額な物がひとり暮らしには必要となります。
しかし、マンスリーマンションの場合はこれら必要家電などが基本的に備え付けのため、生活必需品を揃える費用が不要となります。契約金や敷金、必要家電を揃えるとなると数十万円のコストがかかるでしょう。マンスリーマンションであればこれらコストが削減されます。
マンションに住む期間が学校を卒業するまでですとか、単身赴任の期間は1年だけなどと、マンションに住む期間が限定されている場合は、初期費用が少ない分、マンスリーマンションに住んだ方が安上がりとなるケースもあるのです。

料金がお得なマンスリーマンション東京


マンスリーマンションの料金のシステムは一般の賃貸契約と異なっていて、基本的に滞在した日に応じて日額で利用した料金を支払う事が特徴です。都内の場合は1日当たりに換算すると、安いマンションでは4千円程度で利用する事が可能です。サラリーマンなどが都内に遠征をする時に泊まる場合、都内にある安めのビジネスホテルを利用すると、少なくとも1泊当たり6千円の宿泊費が掛かります。ホテルより広い間取りである事が多いので、快適に生活しやすいです。
マンスリーマンションの場合、基本的に家電製品やクローゼットなどの生活に必要な用具が揃っています。ビジネスホテルは洗濯機などが置いてないので、料金や家具の面でもビジネスホテルに宿泊するよりもマンスリーマンション東京を利用したほうがお得です。但し、利用した時の光熱費や不動産会社が設定している保証金などの費用も支払う場合も考慮します。電気などの使用状況や保証金の金額によっては高額になる事も多いですが、入居までを待たないで良い事が大きなメリットです。出来るだけ賃料の安い物件を選んで、保証金などを請求しない事を前提に不動産会社と契約して、光熱費が掛からないように電気を節約して使うと1日当たりの生活費は少なめの負担で済む事が多いです。

状況によって利用したいマンスリーマンション東京


単身赴任や中期滞在など微妙な期間生活をするという場合に、家具を揃えるのにお金も時間も体力もかかるし、ホテルでは費用がどんどんかってしまいます。またアパートなどを借りるのもという微妙な状況に置かれることがあるのではないでしょうか。家族で生活する場合には引越しの荷物をみんな持ってくるのも大変など、そんなときにはマンスリーマンション東京を利用して一時的な滞在をすることがよいかもしれません。シングルタイプだけではなく、大きな間取りで家族が住める物件もありますので単身でも家族でも快適な物件が見つかるのです。
そのようなマンスリーマンション東京は料金に変動がなく、ホテルやウィークリーマンションのようにある時期や休日の時期には賃料が上がるということもほとんどありません。そして事前審査がなされて入居になりますので、怪しい人がうろうろして利用しているということもなく、プライバシーが守られるようなものともなっています。ホテル並みの快適さ、それでいてホテルよりも割安であり、キッチンで自炊もできるので外食ばかりというホテルのような生活にもなりません。このようにマンスリーマンション東京は状況によっては利用したいと思うお手ごろな物件とサービスを提供しているのです。


なかなかお手頃の物件が新宿では見つからないのではないかと思いますが、マンスリーマンション新宿なら短期契約ではあるものの、優良な物件がいくつも見つかります。そこまで長く住む予定ではないのであれば、マンスリーマンションを借りるのが新宿ではおすすめです。周辺アクセスが良い新宿でマンションを買うとなると、かなりの費用が必要ですが、マンスリーマンションならお手頃価格で契約できるので、資金がそこまでないという方にもおすすめできます。

照明を購入するなら照明通販サイトの「エンジョイホーム」を利用することをオススメいたします!

Topics

マンスリーマンションの由来と歴史

私は34歳、独身の男性です。私目線でマンスリーマンションのメリットとデメリットをお伝えいたします。本日もよろしくお願いいたします。最初にとても…

もっと読む

マンスリーマンションとウィークリーマンションの違いについて

マンスリーマンションについてはまったく知識がなくウィークリーマンションの長期版という認識しかしていませんでしたが、いざ借りてみようかと調べたと…

もっと読む

マンスリーマンションで気を付ける事

マンスリーマンションに住む事が決まって、契約期間まで生活する場合に気を付ける事は契約の要綱をもう一度確認しておく事です。契約を結んだらペットを…

もっと読む